SiteMap

もったいないがゴミ部屋を作る

粗大ごみ

学生時代に付き合っていた彼氏が片付けられない人で「もったいないから捨てられない」というのが口癖でした。彼氏の部屋はいつも足の踏み場のないほど物で溢れていたので、デートするときも外でデートすることが多かったのですが、たまに掃除の手伝いに行っていました。
いつ作ったものかわからない物体がお鍋の中に残っていたり、飲みかけでそのまま放置されて謎のどろとろした液体に変わったペットボトルが多数。弁当の空き箱やお菓子の袋の残骸など、明らかに誰がみてもゴミなので捨てようとすると「ダメ!もったいないから」と言われるので、よく喧嘩していました。
もったいないから、いつか使えそうだからという考えで、プレゼントの包装紙や、プリンカップ、お菓子の入っていた缶なども大切にしていたので、そういう小さなものご積み重なっていって、どんどん物が捨てられずにゴミ屋敷になっていってしまったんだと思います。
もったいないと思うものは、いつか使うかもしれないと思うものって、案外いつになっても使う機会が訪れないと思います。なので、ゴミになったそのときに1つずつちゃんとゴミとして捨てていった方が、いつもキチンと片付いた部屋でいられるので、心がけていくといいですよ。

Update List

業者の男性

2017年05月18日

片付けは捨てることからはじまります

ゴミ部屋は、物が捨てられない人がつくる部屋のことです。例えば元々部屋に椅子があったとします。新…

MORE ▶

ゴミ

2017年05月18日

ゴミ部屋から抜け出せない理由とは

ゴミ部屋ができるには?という疑問を持ったことはありますか?私はテレビでゴミ屋敷などが特集される…

MORE ▶

粗大ごみ

2017年05月18日

もったいないがゴミ部屋を作る

学生時代に付き合っていた彼氏が片付けられない人で「もったいないから捨てられない」というのが口癖…

MORE ▶

テレビ

2017年05月18日

モノへの執着がゴミ部屋を作る

誰も最初からゴミ部屋にしようなんて思いませんが、気付いたらもう自分では片付けられない程散らかっ…

MORE ▶